« 住まいの何でも相談室(2007年5月18日号) | メイン | 住まいの何でも相談室(2007年6月1日号) »

住まいの何でも相談室(2007年5月25日号)

住┃ま┃い┃の┃何┃で┃も┃相┃談┃室┃      ⊂ http://fudosan.jp/ ⊃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 みなさん、こんにちわ。スタッフのかずです。
 ひと味違う相談センター、今回の「気になったちゃん」は、
  http://fs.emaui.info/2007/05/post_f557.html
 です。

 注文住宅を考えている人にとって…と言うか、どんな時でもそうなんですけど、
、何よりも大切なのは【予算】ですよね。

 今回の相談者さんは、
 「贅沢といっても…」
 なんて言ってますけど、
  ●いくらなら自分が払えるのか?
 ということで、その範囲内で、創意工夫してべきなんですよね。

 そもそも、贅沢であるか、ないか…は、人から見て…じゃなくって、
 自分にとって、贅沢であるか、ないか…なんですが、その自覚が欠けてます。
 つまり、
  ●6坪オーバー
  ●2階にトイレ
  ●電動シャッター
 などは、この相談者さんにとっては「全て贅沢」ですし、
 さらに、「そもそも当初の予算からもオーバーしているので」ということであれば、
 購入プランそのものが、500万円分、贅沢だったんです。

 もし、電動シャッターが「池のそばなので虫が多く必須なんです」というなら、
 その分、何かを削る必要があるでしょうし、
 削ることが無理であれば、その土地自体の購入を断念しなければなりません。

 ですから、
 「予算に合えば進めたいのですが」
 については、諦める部分を諦めて予算に合わせるのは、相談者自身であり、
 「我慢してまで、注文住宅を買いたくない」という感じで、
 何もかも欲しいのであれば、
 「何回でも設計士と打ち合わせしていったほうがいいのでしょうか?」
 いくら打ち合わせをしたところで、無意味でしょうし、
 それを承知で無駄な打ち合わせをしたということであれば、
 先方との信頼関係は崩れ、より大きなトラブルになる危険もあるんですよね。

 とは言え、パッと見、今回の相談については、
 相談者さんの自覚の甘さが目立つものの、
 「担当者には断るならいたずらに引き伸ばさずに早く断ってほしい」
 という事業者さんも、決して、そんなことを言える立場にはありません。

 そもそも、相談者さんがこうなっているのは、
  ●相談者の性格や状況などを考えることなく、進めてきた事業者の責任
 です。
 途中の段階で、もっと、予算優先で提案すべきであったでしょうし、
 相手が提案に乗り気でないのなら、乗りそうな提案を考えたり、
 それでもダメであるのなら、勇気をもって断るべきです。
 断ることなく営業すれば、結局はトラブルを招いて、大損しちゃいますから!
 …と、それはさておき、早速、今週のメルマガをお送りします!

          ※当コラムは「スタッフ・かず」の独断と偏見で書いてます。
           今回の文句&励ましなどのもろもろは、
             http://fs.emaui.info/2007/05/post_f557.html
           まで投稿どうぞ!  (※投稿は紹介する場合もあります)

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼新規参加者(登録 http://fudosan.jp/community/com.html )
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ・リゾート(長野) ビューバレー
 ・売買・賃貸(栃木) エステート・ワン
 ・賃貸(福岡) エヌ・ユー・ティー

  【詳しくは…】→→  http://fudosan.emaui.info/2007/05/514520_7dea.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼相談インデックス(投稿 http://fudosan.jp/agent/agent.html )
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ・新たな契約書に記載された更新料について
 ・自己都合による契約解除について
 ・居宅として認められる期間について
 ・食い違う説明による解約について
 ・広告の掲載ミスに対する損害賠償について

  【詳しくは…】→→→→ http://fudosan.emaui.info/2007/05/515_80f1.html

 --------------------------------------

 今週のピックアップ相談は、
  ●抵当権抹消について
  ●賃貸か売却かについて
 です。
 親身なアドバイスをいただきました、
  ●川村さん(川村行政法務事務所 http://www.houmu-center.biz/ )
  ●佐藤さん(Century21ホームネット http://c21homenet.co.jp/ )
 本当にどうも有難うございました。
      (なお、アドバイスの判断は読者の皆さん各自の責任でお願いします!)

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 投稿時間:04/12/04(Sat) 15:48
 タイトル:抵当権抹消について
 投稿者名:飛ぶ鳥さん
⇒はじめまして。
  マンションの買い替えで、マンションの売却が決まりました。
  停止条件付きの契約で、売り急ぎもあり、不本意な価格で成約が決まり、かなり
  複雑な気分です。
  売却にあたって、仲介手数料や抵当権抹消やらで90万を超す費用もでることもあ
  り、自分でできる事は自分ですまし、費用を削りたいので、抵当権抹消を自分で
  手続きしたいです。
  買い替えの、同時決済の場合、自分で手続きすることはできるのでしょうか?
  その場合の手順がいまいちわからないので、教えていただきたいのですが…。
  どうぞ宜しくお願い致します。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 投稿時間:04/12/07(Tue) 10:59
 タイトル:Re: 抵当権抹消について
 投稿者名:Kawamura Office
 URL : http://houmu-center.biz/
⇒行政書士の川村と申します。
  抵当権の抹消登記は司法書士さんの専管事項ですので、公開のインターネット上
  で御指導するのは控えさせていただきますが、この手続に付いては御地を管轄す
  る法務局(登記所)で教えてくれますので、お尋ねになられると宜しいと思いま
  す。
  ただ、これを御自身でやられても、手数料についてさほどの節約にはならないの
  ですが。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 投稿時間:04/12/07(Tue) 10:26
 タイトル:賃貸か売却か
 投稿者名:3110papa
⇒築9年のマンションに住んでいます。
  今、埼玉県に住んでいますが、子供の育成、生活環境等を考慮して、九州で生活
  するために、今住んでいるマンションを売却か賃貸かで考えています。
  まだ、残債もあり、どちらしても負担は発生すると思いますが、九州で生活する
  ための手段として必要なので、真剣に考えております。
  よろしくお願いします。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 投稿時間:04/12/07(Tue) 11:06
 タイトル:Re: 賃貸か売却か
 投稿者名:佐藤倶之
 URL : http://c21homenet.co.jp/
⇒3110papaさん、もう埼玉には帰ってこないのであれば、売却がよいと思います。
  問題は残債が相場価格より多いと抵当権抹消が難しい(資金が必要)ですね。

  資金が手当てできれば、売却がお勧めですが、それが無理であれば、抵当権者の
  金融機関と相談するのもよいでしょう。
  金融機関のOKが取れれば、任意売買で売却して、残債を長期に返済することも可
  能でしょう。

  しかし、これは金融機関次第ですので、状況説明が必要ですね。
  それが不可なら、信用できる不動産会社に管理を委託して、賃料で債務返済をす
  るしかないでしょう。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【Fudosan.JP】住まいの何でも相談室
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  Fudosan.JPは、「不動産関係者と一般の方々との橋渡しサイト」として、
  以下のようなコンテンツを無料でご用意しております。

   ■不動産ホットライン  ⊂ http://fudosan.jp/ ⊃
   ┣ 掲載する ⊂ http://fudosan.jp/regist/regist.html ⊃
   ┣ 相談する ⊂ http://fudosan.jp/agent/agent.html ⊃
   ┣ 登録する ⊂ http://fudosan.jp/community/com.html ⊃
   ┣ 運営案内 ⊂ http://fudosan.jp/info/info.html ⊃
   ┗ 物件情報 ⊂ http://fudosan.jp/partner/partner.html ⊃

       ────────────────────────────────
       このメールマガジンは「まぐまぐ」さんを利用しています。
       その仕様上、私たちはどのアドレスに送られているのかわかりません。
       配信停止は、以下の指示に従ってください。
                     ・解除用サイト http://www.kaijo.com/
                     ・マガジンID 「0000080868」
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           発行:Fudosan.JP 編集:Fudosan.JPサポート(By 1LDO)
             All contents copyright (C) Fudosan.JP(無断転載禁止)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.dcnblog.jp/t/trackback/104620/6981281

住まいの何でも相談室(2007年5月25日号)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

JBA

  • JBA

    特定非営利活動法人 日本バイヤーズ・エージェント協議会(JBA)
    市民生活における住まいの質向上のための、メールマガジンによる情報発信や、メールによる不動産相談・提言などにより住環境の保全を図る活動、住まいに関する防災対策の提言活動などを行なっています。

    家のタネ  バックナンバー
    Facebookページで、JBA会員、非会員ともに、いいね!押していただいた不動産業者さんの日々のご活躍、ご活動情報をシェア・ご紹介し、週一回、メールマガジンとして配信しています。誠実な不動産業者さんの活動にご興味を持っていただけることを目指しています。

    不動産プレスリリース
    不動産、建築、住宅に関連したイベント、セミナー、講習会、勉強会などの情報やプレスリリースを発信し、ご紹介しています。

    みんなのレポート
    編集部が体験した、工事現場レポートや、リフォーム、購入など、家や住まいに関する、様々なレポートを作成し、ご紹介しています。

【JBA】 不動産プレスリリース

【JBA】 みんなのレポート

【Fudosan.JP】 不動産相談.com

【Fudosan.JP】 不動産相談インデックす